チビ(仮)の外猫生活

狩りをこよなく愛する元ノラの外出自由猫 チビ(仮)の日常記録

2015年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

春の日差しには勝てない

2015,3

3月。

暦の上ではとかそういう言葉だけのは抜きにして春が実感できる月になりました。

まだまだ外気は寒いですが、陽光の入る室内はもう暖房がいらないくらい。

以前少しだけ記事にしましたが、居間の爪とぎ器でバリバリやっていたチビが
あまりの暖かさに気持ちよくなってそのまま寝落ちしていました。

爪とぎ寝落ち1
寸前まで威勢よくバリバリとしていたが
ピタッと止まり伏せて俯きだす

爪とぎ寝落ち2
スフィンクス型で細目になる

爪とぎ寝落ち3
まぶたが落ち頭も落ちる

爪とぎ寝落ち4
もう鼻がつきそう

爪とぎ寝落ち5
寸前で意識が戻り回避し
顎をつけて寝る姿勢に

この気持ちすごくわかります(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
外はまだ寒いのに背中から暖められるこの幸せ。

落ちざるを得ません^^

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 1 | 19:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カリ城ごっこ

2015,2

ようやく冬将軍の氷の槍も鋭さを和らげ始めた2月の終わり。

とはいえまだまだ夜は凍てつくような寒さ(しかも雨)

だがこンのクッソ寒い冬の雨でも夜遊びは頑なにやめないチビ。

いったい何が彼女をそこまで駆り立てるのか。

夜中にビショビショになって帰ってくるので眠い目をこすりながら拭かざるを得ない。

理不尽さにテンションダダ下がりの執事は
せめて楽しく作業をしようと脳内セルフごっこ遊びでお世話をこなしました。


カリ伯とジョドー目線
配役は上の通り

伯爵初登場のオートジャイロでご帰還のシーンです


では各位オリジナルを同時脳内再生しながらお楽しみください。
カリ城ごっこ1

カリ城ごっこ2

カリ城ごっこ3

カリ城ごっこ4

…と、まあ、こんな感じです。

こうでもしないとやってられませんので。

しかし凄みのある最後のセリフの最中
股ぐらを拭いてもらってるってぇのはどうなんでしょうかねチビさん。

さて

拭いてもらって喉をゴロゴロ鳴らしゴキゲンのチビ。
もちろんこの後労いのおやつを食べてまた夜の雨の中に出かけていきました。

深夜の部屋に残されたのはびちゃびちゃのタオルと完全に目が冴えてしまった執事。

気を取り直して冷えきった身体を布団にくるみ寝直しましたとさ。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 2 | 19:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝てる?座ってる?

2015,2

日差しがある限りは春と勘違いするような午前の出窓。

夜のお勤め(夜遊び)から帰ったチビが朝寝をするにはこれ以上ない条件です。
気ままな猫のくせに余計なところは規則正しいんだから(-"-)

そしてキテレツな寝姿の方も規則正しく今日も律儀に披露してくれました。

寝てる?座ってる?1
ひねり寝は別にというか猫らしい範疇ですが

寝てる?座ってる?2
そのまま寝返りを打ってこう

これを回転させると
寝てる?座ってる?3
普通に座っている時と同じポーズ


お前座っててそのまま横に倒れたの?

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 0 | 19:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫撫で講座 1時限目

2015,6,27

検証※の結果、チビはかなりモフらせてくれる猫だと判明しました。

これはチビが無制限に受け入れてくれる猫だからというだけだろうか?

否!

自分には何十匹もの猫をモフってきた経験がある!

モフり歴ウン十年で培ったテクニックを全国のモフれずに枕を濡らす飼い主に伝え
少しでも絆を深めていただきたい!!

拙い技術ではありますが、お役に立てることが僅かでもあるならば、と
甚だ僭越ながら今回『猫撫で講座』を開かせていただく決心を致しました。

このブログを見てくださっている大半の猫エキスパートの面々には
もはや必要なきこととは思いますが、迷える飼い主1年生の方に向けて
あえて開講させていただきます。

どうか暫くの間お付き合いいただければと存じますm(_ _)m


では

猫撫で講座 1時限目 スタートです。


Lesson 1.

基本の手の形

猫撫で基本手の形
まずは上の画像をご覧ください。

猫の撫で方は基本的にこの3つの手の形で成り立っています。
では皆さん、画像を参考に実際にこれらの手の形を作ってみてください。


1.猫の手

まずは猫の手。
最初はこの手であいさつをします。

「あーくだらねー猫を撫でるからってハイハイこじつけこじつけ」
と思わないでいただきたい。

猫は先っちょに並々ならぬ関心を抱く動物。
だからといって漫然と人差し指を伸ばすのはいただけない。

猫は最初に手を出した時大抵スリーっと顔を擦りつけてくるはず。
その時あなたの可愛い猫ちゃんの目に万が一にも指が入ったらどうします?

そうならないためにも先っちょ感は残しつつ事故を未然に防ぐこの形で
匂いを嗅がせスリスリしてもらって次のステップに繋げます。

猫の手 練習用動画



2.一本貫手

猫の手であいさつが済んだらいよいよ本格的に撫で始めます。
その際猫の喜ぶ箇所(眉間、アゴ周り、ヒゲの根元等)を
ピンポイントで撫でられる一本貫手の形にします。

「ちょっと待って、それさっき自分で危ないって言ってたじゃん」
と思われるかもしれませんが、最初のあいさつのスリーっが終われば
ほぼ事故は起きませんのでご安心を。

この過程で一気に愛猫をメロメロにしてゴキゲンにします。

一本貫手 練習用動画



3.平手

一本貫手でメロメロにしたら、大きく撫でられる平手の形にします。
猫に包まれてる感を与えられる癒しの形です。
これで背中・脇腹・うまくいけば憧れの腹モフもできるかもしれません。

なおこの際に使う指は中心の3本です。
親指・小指は浮かせ、余計な力の入らないよう
また、腹モフ時にあまりの可愛さに我を忘れて鷲づかみなどせぬように
この形になっています。

平手 練習用動画



基本動作は以上です。
次回からはパーツ毎の撫で方を解説していきたいと思います。


では今日の講座はここまで。

全てのモフれない飼い主とその愛猫に幸多からんことを。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 猫講座 | 19:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜庭式再び

2015,2

屈辱のフォール負け※から3ヶ月…

いまだ傷ついたプライドを癒せてないであろう冬の終わり。

チビに雪辱を果たす機会がやってまいりました。

桜庭式再び1
毎度おなじみ出窓で朝寝

だがしばらくして見てみると

桜庭式再び2

またもアンカカバーにはずかし固めをかけられるチビの姿が

桜庭式再び3
後ろ脚にパワーを込め力技で脱出しようとするチビ

桜庭式再び4
今回は相手選手(アンカカバー)のホールドが甘かったためか
何とか脱出できたようだ

桜庭式再び5
いや喰らってますがな

今回は運良く

チビ △-時間切れ引き分け-△ アンカカバー

となりましたが
脱出のスキルを磨く以前に
まず喰らわない姿勢で寝てほしいと切に願う執事でした(-"-)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 0 | 19:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

へそ天以上はずかし固め未満

2015,2

冬の風物詩と化した出窓でのへそ天寝。

一見いつも同じに見えるがそのバリエーションは意外に多く
毎日お世話をしている執事はいろいろな派生形を見ることができます。
今日もまた新しい形を披露してくれました。

おしり天1
一見普通のへそ天だが

おしり天2
縁に腰を乗せてもはやおしり天

おしり天3
と、ここで目を覚まし体をひねる
どうやらギリギリはずかし固め※は回避

おしり天4
火照った体を冷ましに爪とぎ器の上に
(もちろんこの後アンカは撤去)

まだまだ引き出しのありそうなチビでした。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 0 | 19:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫と庭と花と…

2015,6,14

空梅雨気味の6月中旬。

庭で咲く花の前で固まるチビ。

どうやら何かを狙っている様子。
急いでカメラを構え動画を撮りました。


※画面下に指が写り込んでいますがご了承下さい


基本チビのターゲットは脊椎動物で昆虫はあまり興味がありません。
食いでがないからですかね?

今回も獲物として見たわけではなく戯れにちょっかいを出しただけのようで
固執して追撃することはありませんでした。

くれぐれも無益な殺生は避けてほしいものです。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 動画 野生度 4 | 19:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ああノスタルジー

2015,2

現在自室にはいまだチビが母屋と作業場を往復していた当時の名残があります。

それがこちら。

ああノスタルジー0
かつてお気に入りだった居間に冷え込む夜用に置いていたダンボールハウス。

厳冬期はこのクッションの代わりにレンチン湯たんぽを入れて
夜作業場に帰るまでの居場所としていました。

まあ実際にはホカペの上に直置きで使用しており
晴れて母屋暮らしが確定してからは
自室での冷房を嫌がった時の保険として
冷気の溜まりにくいように床から離し
カラーボックスの中段に入れたのですが。

しかし冷房嫌いのチビは使うどころか
夏中部屋にすら寄り付かなくなったので
主不在の廃屋と化していました。

ああノスタルジー1
しかしある日ふと見ると箱からはみ出す縞模様の棒状物体が。

ああノスタルジー2
正面に回ってみるとチビと目が合う。
どうやらたまにやる室内パトロールの最中に箱を見つけて潜り込んだようだ。

ああノスタルジー3
かつて数ヶ月巣として使用したダンボール。
さぞや郷愁を誘うのだろう。
この後しばらく入ったまままったりしていました。

夏は直冷風を避けてそこに篭ってはいかがでございましょう?(耳打ち)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 1 | 19:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

詩人ごっこ

2015,2

温度調整が成功し、ぐっすり夜遊びの疲れを癒すチビ。

日の光が差し込む出窓で執事がいつもの撮影班と化していたところ
ぐいいっと伸びをしたチビが一ネタやってくれたのでアテレコをしてみました。

もっと光を1
手をくにっと丸めて眠るチビ

それではどうぞ

もっと光を2

もっと光を3

もっと光を4

はい!ということでね!

チビによる

『ゲーテの最期』

でした。

詩人ゲーテらしい含蓄のある最期の言葉でしたね。

それ以上光を浴びたらお前荒ぶるだろというツッコミはナシで



しかし大変申し上げにくいのですがこれって

『あーいよいよヤバイわー目が霞んでよく見えなくなってきちゃったわー
ちょっゴメン窓開けて明るくして?オナシャス!』

くらいの意味だったらしいですねチビさん。

もっと光を5
うん、そう。

まあそんな普通の言葉でさえ意味深に取られるほど
偉大な詩人だった、ということですね。

大成した人物には逸話に尾ひれが付くものです。

一介の執事の身には縁のないことですが。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 0 | 19:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

検証動画『果たしてチビは腹モフを許すのか?』

2015,6,21

前々回の記事(※リンク参照)で腹モフをすると
牙を剥く飼い猫ちゃんが意外に多いというコメントを頂きました。

これまでの出窓の荒ぶりや前々回の記事のせいで誤解されがちですが
元来チビは甘々ベッタリな猫。

出窓の寝ぼけた過熱状態やじゃれている最中でもない限り
基本執事に牙を剥く事はありません。

そこで今回チビの名誉回復も兼ねてどこまで腹モフを許すのか
動画で検証してみたいと思います。



いかがでしたでしょうか?

トータル10分以上も撫でくり回していましたが
結局牙を剥く事は一度たりともありませんでした。

他の猫と比較することはできませんが
かなり腹モフを許してくれる方ではないかと思っています。

皆さんのお宅の猫ちゃんはどんな感じでしょうか?

もしよろしければ意見などお聞かせ頂ければと思いますm(_ _)m

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 動画 野生度 0 | 19:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT