チビ(仮)の外猫生活

狩りをこよなく愛する元ノラの外出自由猫 チビ(仮)の日常記録

2016年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

暖差を探す

2016,4

朝カーテンを開けるとそこには

暖差を探す1
メインスイッチまでOFFったサバ白の猫が。

よほど夜遊びで疲れたらしい。



が、しばらくすると

暖差を探す2
さすがに4月下旬、日が差してくればアンカは無用。

はいはい、じゃアンカは外したから。
ベッドに戻っていいですよー^^;

だが

暖差を探す3
と、久々の両手洗いをしながら思案する。

うーん…
確かにこの時季の調節は難しいんだよな(-"-;

暖差を探す4
そう来たか。
じゃあこの前のような事がないようにルーターはどけといて、と(-"-;

暖差を探す5
勝手なもんだ(-"-)
真冬はアンカに頼りっきりだったくせに(・д・)チッ



とは言え全身をぽかぽかとまんべんなく暖める陽の光の心地よさはわかる。
チビのためによく働いてくれたアンカに感謝して
来シーズンまでゆっくり休んでもらう事にした執事でした。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 0 | 19:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昼下がりのニャーニャー

2016,4

依然として夕方のニャーニャーに悩まされている執事だが
今日はちょっと様子が違った。

まだ正午を回ったばかりだというのにチビがニャーニャーと。

外に出る→少し遊ぶ→一人で家に入る→チビ追ってきてニャーニャー→外に(以下ループ

となり、3回めのループでギブアップ(´Д`)

追ってきたところを強引に寝ころがしフォークリフトのように体の下に両腕を差し込み
居間のチビ専用座布団の上に運搬。

すると

昼下がりのニャーニャー1
そのまま寝始める。
(古座布団ゆえ飲み物をこぼしたシミはノータッチの方向で)

昼下がりのニャーニャー2
いや寝るんならニャーニャーせず寝ろよ、止めないから(-"-)

と、ここで
昼下がりのニャーニャー3
ちゃんと人間がその場にいるか確かめ

昼下がりのニャーニャー4
大あくびひとつ

昼下がりのニャーニャー5
そして本気寝。

昼下がりのニャーニャー6
あのね。
だぁれもお前が寝るのを邪魔なんかしないっての(-"-)
なのになんでわざわざ寝入るのを見てなきゃならんのだ(-"-;



ごく稀にだが夕方以外にもこうしてグズる(?)ことがある。
ご主人様の気まぐれに白髪の増える思いの執事でした(ヽ´ω`)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 0 | 19:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソロモンの指輪をください

2016,4

チビは小鳥を見てもほとんどクラッキングをしない。

ユビキタスハンティング1
黙って狙うか普通の声でニャーと鳴いて狙うかどちらかである。

ユビキタスハンティング2
この日もベランダにジャンプして帰って来てしばらく外を眺めていたが

ユビキタスハンティング3
木の枝に止まった小鳥を見て普通にニャーと鳴き

ユビキタスハンティング4
じりじりと忍び寄る。

ユビキタスハンティング5
御存知の通りチビはかなりのハンター。

ユビキタスハンティング6
結構マジに獲ろうとしてると思うが

ユビキタスハンティング7
その割になんで一声出すのか謎だ。



困るのは人が部屋にいる時にベランダに帰ってくると
キャットドアから入らずわざわざ一鳴きして窓を開けさせ
入ろうとする事(横着者め(-"-)

声が同じなので開けろアピールかと窓を開けたら
狩りの最中だったりするとこうなる。

ユビキタスハンティング8
そんな事言われても(´・ω・`)

せめて明確な声の違いとかあればこっちも察することができようが(-"-;

いやそもそもキャットドアがあるのに開けろアピールがおかしい。
まるで執事にネコ語を習得しろと言わんばかりのチビでした(-"-)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 3 | 19:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行楽日和

2016,4

情報番組でGWの天気の話題が出るようになった4月下旬。

行楽日和1
一足早くアミューズメント施設(土管)に足を運ぶ常連さんが。

行楽日和2
一人(一匹)でも客は客。
マンツーマンで対応するキャスト。

行楽日和3
そしてそのアトラクションを堪能する常連さん。



しかしそれも長くはない。

行楽日和4
気温的に最も過ごしやすいこの季節。

行楽日和5
全方位から包まれる輻射熱によって

行楽日和6
陥落寸前。





しばらく夢と現の間をさまよった後

行楽日和7
かろうじてご帰還。

行楽日和8
出口から外の様子をよくうかがい

行楽日和9
にょろ~んと出てくる。

行楽日和10
そして土管の上に乗り風景を眺める。
ホントにお気に入りだな^^;

行楽日和11
うんうん。

行楽日和12
そうだね。

行楽日和13
いや最後のは護衛ありきでしょ(-"-;



なまじ見通しのいい場所にあるため傍から見たら
ただの土管に座り込むおっさんでご近所さんの視線が怖いんだが(-"-)
結構ホンキで一匹で遊んでくれないかなあと
股間にスリスリされながら思う執事でした(´・ω・`)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 3 | 19:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遊び待ち

2016,4

人の空き時間を目ざとく見つけては庭に誘うチビ。

その回数と拘束時間に辟易して
先日から古い風呂イスを導入したのだが
用事で中座して戻ろうとすると

遊び待ち1





お わ か り い た だ け た だ ろ う か





遊び待ち2
イスの下に注目していただきたい。

遊び待ち3
そこには既に遊んでもらえると信じて疑わないチビの姿が。



仕方ないので
遊び待ち4
そのへんにある木の枝を振ると

遊び待ち5
乗ってくる。



遊び待ち6
しばらく遊んだ後捕まえさせてあげると爪を立ててロック。

しかしこの体勢になると
遊び待ち7
いつもよそ見が入る。

お前これだから部屋でネズを取り逃がすんだよ。
いいかげんそのクセやめろ(-"-;



ところでこれはフロ用のイス。
いつもは座っているので塞がっているが

遊び待ち8
上に当然水抜き用の穴がある。

そこから
遊び待ち9
と奇襲攻撃。

すると
遊び待ち10
思わぬところからの襲撃に興奮もひとしおで反撃。

お、気に入ったか?ならば
遊び待ち11
ここぞとばかりに攻撃を激しくしてみる。

すると
遊び待ち12
守勢はあまり得意ではないチビ。
旗色が悪いとすかさず退却。



そうだよな。
いつもお前の相手はネズミや執事など
立場上弱い相手ばかりだもんな。
強く出られるのに慣れてないからな(-"-)

出会うノラが手加減してくれるとは思えない。
やられ役ばかりで甘やかしていたが
劣勢時の経験も積ませたほうがいいのかなと思った執事でした。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 3 | 19:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

動画で検証 『夕方のニャーニャー』

2016,4

これまで幾度か話題にしてきたチビの『夕方のニャーニャー』

これは日暮れから宵の口にかけて
家の中をウロウロと落ち着きなく歩きまわり
やれこの扉を開けろ、やれこの押し入れに入りたい、と
わがままを言う行動のこと。

正直夕方の散歩をするのもこの代償行為としての側面もある。

今回はその夕方のニャーニャーの1バージョンを動画に収めることに成功した。
どうかご覧頂きたい。

※長め5分少々
途中チビの鳴き声部分のみ音声あり





いかがだったろうか。

普段外への同伴の強要はあるにせよ基本的にいい子のチビだが
夕方になるとこのようにスイッチが入ったかのようにゴソゴソと落ち着かなくなる。

夜行性ゆえの活動時間前のウォーミングアップとでも言うのだろうか。

夕方のニャーニャー1
面倒だから絶対やめて(-"-)



サイクルによってはニャーニャーしない時もある。
いかにこれを発生させないか、発生してしまったらどうやってお茶を濁すか。
毎回ごまかし方に苦労する執事でした(ヽ´ω`)=3

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 3 | 19:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハンターのプライドは

2016,4

4月中旬。

チビの換毛がピークを迎える。

もはや濡れ手でチビなどでは追っつかないので
お気に入りのシリコンブラシで外でのお手入れ。
ここなら細かい毛の飛び散りは土に帰るので
こういう時だけは外出自由はありがたい。

ハンターのプライドはもう1
梳かしてやるとこんな量に。

ハンターのプライドはもう2
だがチビは毛玉ボールにはとんと興味がない

ハンターのプライドはもう3
このまま燃えるゴミとして処分するか、と思った矢先
想定外の事態が起こる。

その主役がこれ。
ハンターのプライドはもう4
ムクドリである。

チビが油断して後ろを向き立ち去った隙をつき
サッと飛来してチビの抜け毛を咥え飛び去る。
(残念ながら一瞬の事でカメラは間に合わず(-"-)

ハンターのプライドはもう5
まさかの獲物からのアプローチに事態が飲み込めず

ハンターのプライドはもう6
なかなかの近距離ではあったが身動きができなかったチビ。

ハンターのプライドはもう7
冷静になるために毛づくろい。

ハンターのプライドはもう8
そして状況を整理。

とりあえず落ち着け。
時期が時期だしあれだけ危険を冒して持ち去っていくという事は
多分巣材集めだろうな(-"-)

ハンターのプライドはもう9
そう。
よかったな、お前がいらないと言った抜け毛を有効活用してくれるみたいだぞ^^

ハンターのプライドはもう10
でしょうねw



あわよくば狩れるはずのムクドリにまんまと出し抜かれ
あまつさえ自分の毛を巣材扱いされたチビのプライドはもうボロボロ。
まあ油断が過ぎた報いとして今後の教訓にしとけ、な?^^

それにしてもこれムクドリは天敵のニオイバリバリの巣になると思うが
その点大丈夫なんでしょうかね?(-"-;
逆に心配な執事でした。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 5 | 19:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長靴の穴にハマる猫

2016,4

作物の関係で先日の耕うんに間に合わなかった畑の一部を耕した。

すると

いろんな意味でハマる猫1
すかさずチビのチェックが入る。

人の足あとに前足を突っ込み

いろんな意味でハマる猫2

いろんな意味でハマる猫3
落ち着く。

いろんな意味でハマる猫4
尻尾をブンブン振ってゴキゲン。

いろんな意味でハマる猫5
ふわふわの感触でジャストサイズ、
確かに気持ちよさそうだが…

これやられると帰宅後の濡れティッシュが真っ茶色になるんだよなぁ(-"-;



もともとの外好きに加え感触がお気に入りのため
耕うん後の畑はチビの格好の遊び&くつろぎ場。

でもその後の被毛の手入れの事も考えてほしいと思う執事でした(-"-)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 3 | 19:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風に吹かれて

2016,4

本日は強風。
外にあるバケツやら何やらもふっ飛ばされている。
(後で拾わねば(-"-;)



チビは風が嫌いだ。
しかし外に出られないのはもっと嫌い。

なので

風に吹かれて1
夕方の散歩も強行軍。

だが

風に吹かれて2
当然強風にあおられ

風に吹かれて3
普段ならもっと長居するところを早々に引き上げてくる。

風に吹かれて4
強烈な横風のせいで七三分けだか九一分けだか
わけがわからない分け方になる。

風に吹かれて5
コースも時間も短縮してさっさと自宅敷地に戻る。
風自体とそれに伴う何かが転がる音にビビりまくり。

風に吹かれて6
聴覚のレーダーが効かないので不意の外敵に対応できないのが
風嫌いの理由だろうか。
護衛付きの時はもっと安心してほしいものだが(-"-)



というわけで
風に吹かれて7
いつもの半分以下の時間で家に戻ったチビ。

最初と言ってることが間逆なんだが(-"-)

風に吹かれて8
そう思うんならハナッから出かけようとすんなよ(-"-#

風に吹かれて9
窓ガラスをガタガタと揺らすほどの風が吹き続けてはいるが
お構いなしに寝入ったチビ。



結局風が収まったのは夜もとっぷり更けてから。

やっと安心して出歩けるようになったのを見計らい
キャットドアと渡り板を使い勝手に夜遊びに出かけたチビでした。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 3 | 19:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

有機肥料

2016,4

このところ散歩中にある行動が見られるようになったチビ。
それは

田植えに備えて1
田んぼの中を歩くこと。

野生児に似合わず意外にもチビは丈の高い草の中を歩くことが嫌い。
春になりだんだん伸びてきた雑草の生い茂る畦を歩くより

田植えに備えて2
まだ水の張ってない田んぼを歩くほうがいいらしい。



さて田植えに向け耕うん機で土を掘り返す田も増えてきた今日この頃。
いつも歩く田んぼも土が細かく砕かれた。

すると

田植えに備えて3
その砕かれた土を狙ってチビが用を足す。

田植えに備えて4
お前なあ(-"-;

田植えに備えて5
人の田んぼを歩くだけでは飽きたらず

田植えに備えて6
あまつさえオシッコまでするとは。

田植えに備えて7
なぜか興奮してヒャッハーになってるし(-"-;

田植えに備えて8
お礼肥ってそういう意味じゃなかった気がするが(-"-)



お散歩犬でもそこにはしないだろうという場所でのオシッコ。
少量だし田植えの時期までには分解されてホントに養分になるだろうが
持ち主が見たらあまり気分のいいものではないだろう(-"-)
思わず周囲を見回してしまった執事でした。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 4 | 19:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT