チビ(仮)の外猫生活

狩りをこよなく愛する元ノラの外出自由猫 チビ(仮)の日常記録

2017年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三匹同盟

注:この記事はケガ事件で投下できなかった騒動前のものです



2017,3

玄関を出た執事の目の前に

三国同盟1
例のバカップル。

しかも

三国同盟2
なんとその後ろから真っ黒登場。

すわ!今度こそ闘争勃発?
野良シロと真っ黒が恋の鞘当てで
茶白が『私のために争わないで!』とかなっちゃうの?



だが現実は違った。



バカップルがキャッキャウフフする後ろを
のんびりついていく真っ黒。

なぜかはわからないがこの発情期に仲良し3ニャン。



三国同盟3
これにはまたも執事ばかりかチビも目が点( ゚д゚)



しかも悪いことに執事はすぐにも出かけなければならない用事が。



護衛のいない時にこんな近距離でノラたちにウロウロされてはたまらん(-"-)

デートをお開きにしてもらうべく金熊手をガシャガシャ鳴らしながら接近。



だが

三国同盟4
後を付いてきたチビが一匹だけ姿を見せた茶白に臨戦態勢。

アカン(-"-;

三国同盟5
仕方なく抱え上げ強制退場。

なんでじゃねーよ。
お前その後ろにいる白母衣衆と黒母衣衆に気づかなかったのか?
仕掛けてたらひとたまりもなかったぞ?(-"-;





それにしても発情期なのに解せない3匹の関係性。

辛うじて可能性があるのはオス1メス2のハーレム状態だが
それも認めたくない考えにくいし(-"-)



とにかく現実として3匹は同盟関係にあるわけだ。

自分の脳内イメージでは
トリコロール茶白黒1
こんな連合旗を掲げられてる気分。

三国同盟6
真っ黒はお前にしてはそこそこ好感度が高かったもんな(´・ω・`)



ノラ猫の集会に顔出しもせずコミュ障孤高を保ってきたツケがここで出たか。

この後デートがお開きになったか確証の持てない執事に
用事の間の外出禁止を余儀なくされたチビでした(´・ω・`)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 4 | 19:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相乗効果

注:この記事はケガ事件で投下できなかった騒動前のものです



2017,3

本降りではないもののまたもや雨。
当然チビの鬱憤の向く先は執事。

だがもうこちらには雨の日の切り札はない。

苦肉の策で思いついたのがこれ。

相乗効果1



最近お気に入りの「箱」を「居間」に持ち込み
飽き始めた「鳴くおもちゃ」と組み合わせる。

飽きやすいチビのために用意した「いつもと違う」感。

さて反応は?



相乗効果2
穴を通してネズミを振ると

相乗効果3
食いつく。

相乗効果4
実にいい反応。

ここから先は動画でどうぞ。



※音量注意 1分59秒




前回より確実に熱中して遊んだチビ。
うんうんこれでまたおとなしく寝るだろう^^

だが

相乗効果5
満足したチビはなぜか玄関に。

相乗効果6
おい!
結局出かけるなら今の遊びいらなかったろ!(-"-;



この程度の小降りならチビの足止めにならないのだろう。
が、ならワガママ言わずすんなりお出かけしろよ(-"-;

箱+居間+鳴くおもちゃのお返しが
じゃらし+泥足フキフキとなった執事でした(´;ω;`)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 動画 野生度 1 | 19:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケガニャンの特権

2017,3

1日2回の化膿止めの錠剤を服用中のチビ。



ケガニャンの特権1
朝は口直しとして服用後のちゅ~るがお約束なのだが

ケガニャンの特権2
まあこれはいいよ。

ケガニャンの特権3
お利口で飲んでくれるし
苦~いお薬ばかりじゃいやんなっちゃうもんな(´・ω・`)



問題は夕方。

ケガニャンの特権4
投薬が終わると周りをウロウロ。
完全に期待してます(-"-;

なあおい。
キノボリ家では「ちゅ~るは1日1本まで」という家訓があってだな…(-"-)

ケガニャンの特権5
うっ…(-"-;

ま、まあお見舞いのメロン然り風邪の時の桃缶然り、
そういう特例もあるっちゃあるが…(-"-;

(この後結局押し切られ2本目をせびられました(´;ω;`)



まんまとせしめたチビは

ケガニャンの特権6
ご満悦で日没前の居間でのんびりひなたぼっこ。



くっ…家訓を曲げることになろうとは(-"-;

ケガニャンの特権をフル活用する
転んでもただでは起きないチビでした(´・ω・`)




前記事に拍手コメを頂いた方へ

そう言っていただけると救われる気がします。
いくらならず者とはいえ同じ男としては去勢の憂き目が忍びなく…(-"-;

すべては捉えてからの話ですがこれで平穏が訪れてくれればと思います。



いや野良シロもたぶん同じような境遇ですよ。
(あの荒くれぶりは餌だけ放り投げられてるのではと予想)

あいにく当ブログで交流のある方でボランティアの方はおられないようです。
野良シロ自体は強いので喧嘩上等なんでしょうが
当然無傷ではいられないでしょうし
何よりチビ以外の他の猫にも被害が出てますので(-"-)

お忙しい中のご意見ありがとうございました。
試験がんばってくださいm(_ _)m



今の日本は定住者=ある程度高齢者ですので必然的に猫に対しても
いわゆる『古い飼い方』がまだ根強いと思います。
こうした背景で”かわいそうだから餌だけあげるけど後は知らない”となるのでしょう。

自分も外出自由の猫を抱えている以上偉そうなことは言えませんが
それでも避妊手術とワクチンはきっちり済ませてますし
ケンカの声がすれば飛び出して仲裁もしています。
餌付けと去勢・避妊は両輪でなくてはいけないと今回の件で再認識させられました。

家庭内野良状態の子を受け入れてるのはひとえに愛情の賜物だと思いますよ。
彼女は幸せ者だと思います。

ご賛同いただけて心強かったです、ありがとうございましたm(_ _)m

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 0 | 19:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悩みと迷い

2017,3

※長文かつ批判も受けるであろう内容となっています。ご了承ください。





この時期になると傷を負わされるチビ。
今年で3回目だ。
おそらくすべて野良シロの仕業と思われる(-"-#



これではまたいつやられるかわかったものではない。
そしてそれが命にかかわるケガにならないとも限らない。



もはや悠長に構えている場合ではない。
近隣トラブルなぞクソくらえだ。
意を決して根城と思しきご近所さんに殴り込み直談判をかける。





しかし

ここで意外な事実が判明。

なんとそのご近所さん宅は野良シロの根城ではなかったのだ。



拍子抜けする執事( ゚д゚)



詳しく聞けば

・そのお宅で面倒を見てるのは野良クロ(外猫)

・そのエサを横取りしようとどこかからやってくるのが野良シロ

・それを避けるために最近は野良クロへエサをやった後すぐ片付けている

・どうやら本来のエサ場(誰かがエサだけやっている)は他にある様子

・それでもたまに現れては野良クロをいじめていく

・野良クロも野良シロに何度も手ひどいケガを負わせられている





なんてこった。

いつもご近所さんに逃げ込むのでてっきりここだと思っていたのに。





だが

ご近所さんの庇護下にないというならひとつ考えがある。

それは



TNR





暴虐の限りを尽くしている野良シロも
去勢してしまえば少しはおとなしくなるのではないか?

それにチビがケガをさせられたのはいつも発情期。
どこだか知らぬが本来のエサ場から遠征して
メスを求めに来る気もなくなるのではないか?





本来餌付けをしている人間が責任を持ってするべきであろう去勢だが
その家がどこかわからない。
ならば勝手にこちらで去勢だけ受け持ってしまおうという話だ。





そこでこれ。

執事の本気1
これは当該自治体より借り受けた捕獲器。

相談したところ殺処分目的ではNGだが
個人でのTNR用ならOKというので借りてきたものだ。

つまり自治体としては野良猫のTNRは容認の方針なわけだ。



いたずらに体を傷つける構造ではない事に安堵する。
そりゃあチビにケガを負わせた相手は憎いが命まで取ろうとは思わない。
それに万が一野良シロ以外が入った時でも安心だし。
(他の猫が入ってしまった場合は解放の予定)



さてまずは一番”野良シロ以外”の可能性が高いやつに存在を知らしめねば。

執事の本気2
うんこれはな…

執事の本気3
これh…

執事の本気4
聞けよ(-"-)



ダメだ聞く耳持たん。
こうなったら気が済むまでチェックしてもらうしかないか(-"-;



※1分17秒




タイミングよく目の前で仕掛けが閉まり
ビビリのチビが避けそうな状況となってくれた。

執事の本気5



しかし本来中央の板を踏まなければ作動しないはずだが…
こんなピーキーで大丈夫か?(-"-;





さて中に入れるエサだが

執事の本気6
これも大事を取ってチビの嫌いor興味のないもののオンパレードに。

これを

執事の本気7
自宅畑の通り道と思しき場所へ設置。

…一応言っとくがお前は入るんじゃないぞ?
経過は順調とはいえまだ足に不安があるんだからな?(-"-)

執事の本気8
そうかそうか。

執事の本気9
いやそこまで遠ざからんでも(´・ω・`)








ここで皆様のご意見をお伺いしたいのですが…



今後もし野良シロが捕獲された場合

1.保健所等いろいろな機関に問い合わせ迷い猫で該当するものがないか充分に確認
2.万が一捜索願いがあり飼い猫だった場合飼い主に去勢を確約してもらい返却
3.以上の手順を踏んで確実に野良と判断できた時のみTNRに移行

という流れを想定しています。



もちろん自分はTNRは初の試み。
まだまだ不勉強ですのでTNR経験者から見て
「これはこうすべきだ」等のおかしな点があれば
どうかご教示いただければと思います。





しかしながら。

実はまだ迷っている自分がいます。



今回ここに至った動機は野良のためを思ってとかでは全くなく
これ以上愛猫を傷つけられたくないという完全なエゴ。

それに希望的観測でTNRをしても確実に危険がなくなる保証もない。

そもそもの話としてTNR自体本当に人道的なものなのか?



チビが心配な反面心のどこかで
『今回はかからなければいいのに、
そしてこのまま二度と顔を見せなければいいのに』
とも思っています。



ぜひ皆様のご意見をお聞かせ願いたいと存じます。




前記事に拍手コメを頂いた方へ

おかげさまでかなり良くなりました^^

そうなんです、元気になったらなったで活発に動き回るようになり…
いやそれはいいんですが完治までは目が話せなくて(-"-;

今回のケガは猫同士のやり合う声(2匹の声)→出血状態で現れる、
が5分以内の出来事ですので九分九厘猫にやられたものかと(-"-)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 4 | 19:00 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

容疑者洗い出し

2017,3

元気を取り戻したと同時にしきりに包帯をむしるようになったチビ。

あーどんどんやってくれ(´・ω・`)

容疑者洗い出し1
どうせ今日は通院日だから包交ですし(・ω・)





さて帰ったら当然外で気晴らし。
もちろん護衛付きだ。

だがその途中

容疑者洗い出し2
チビが何かを発見。

容疑者洗い出し3
真っ黒だ。



物陰だったせいかむこうはこちらを気にすることなく角を曲がって立ち去る。

すると

容疑者洗い出し4
チビがストーキング開始。

容疑者洗い出し5
顔だけ出して行き先を確認するその姿はまさにストーカー。



気にはなっているようだが怯えた様子はない。
野良シロとは明らかに違う態度。
これからして真っ黒は容疑者から外れるようだ。

こうして邂逅するノラーズに面通しをして
加害者特定の手がかりにする執事でした。

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 3 | 19:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕闇の邂逅

2017,3

数日降り続いた雨が昼過ぎにようやく上がり
おんもへ出たいと鳴いていたチビもやっと解禁となる。

しかしそこはまだケガニャンの身、
それにまた足のゴムが濡れて縮んでは困る。



という事で道がある程度乾いた
とっぷり日が暮れてからの護衛付き散歩となる。



だがそこに見たものは

夕闇の邂逅1
暗闇でも目立つ真っ白な巨体。



野良シロだ。



チビが立ち止まったのを確認して執事のみ全力疾走(奇声をあげて)
もはやご近所さんの目などど~~~~でもいい(-"-#
(この暗さでは撮影は無理でした、ご了承くださいm(_ _)m)

夕闇の邂逅2
追っ払って戻るとチビが最大警戒でお出迎え。



この態度。
やはり加害者は野良シロで間違いないのだろうか。
依然気の抜けないチビと執事でした(-"-;




長らく不義理をしてしまい申し訳ありませんでした。

おかげさまでチビのケガも山場を超えましたので
本日から通常更新を再開したいと思います。

たくさんのお見舞いのお言葉誠にありがとうございましたm(_ _)m

皆様のブログにも順次訪問させていただきますので
今後ともなにとぞよろしくお願いいたします^^





前記事に拍手コメを頂いた方へ

普段バイタリティあふれる野生児が見せた不調に
みっともなくオタオタしてしまいました(-"-;

ダンボールは復活させたくなかったですが
外に出られない時限定で今後もお世話になるかも(-"-;

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 4 | 19:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気があればニャンでもできる

2017,3

一時の不調はあったが元気を取り戻したチビ。

だがそうなったらなったで余計なことをする気力も戻る。

※36秒




お前なあ(-"-;
震えてグズってた時はむしらなかったのに
余裕が出たらすぐそれかよ(-"-)
しかもまだ雨は降り続いているし。



仕方ない。

ということで

元気があればニャンでもできる1
特例で玄関にダンボール復活。
これなら足を使わず気を紛らすこともできよう。

元気があればニャンでもできる2
しかもキウィング(中破)だぞーほれほれ^^

元気があればニャンでもできる3
うんうん^^

元気があればニャンでもできる4
そうそう^^

元気があればニャンでもできる5
あ、あれ?^^;

元気があればニャンでもできる6
お前は筋トレマニアか。
ケガニャンが何を言っている(-"-)



元気になったらなったでじっとしていないチビ。

言っとくが止んでもすぐには出さないからな。
また足のゴムキャップが縮んだらたまらん(-"-;

とは言え元気になってくれてホッとした執事でしたε-(´∀`*)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 4 | 19:45 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不調 そして…

2017,3

2日連続の通院で幸い化膿の兆候は見られなかった。

ひとまず安心して次は3日後とのお達し。



だが次の日

※7秒

明らかに今までと違うびっこを引く歩き方。



さらに

※1分7秒

傷を負ってから数日後の時間差での不調。

しかし不運な事にこの日はかかりつけの動物病院の定休日。
こちらのできる事といえば朝晩の投薬とつきっきりの看病だけ。
落ち着かないチビを撫でさすりなんとか寝かしつける。
1日早いが明日は朝イチで病院に行くしかない。




















だがその晩





























急にいつもの調子を取り戻すチビ。



朝になっても元気いっぱい(-"-)



だが大事を取って前倒しで病院へ。





診察の結果

特に問題は見当たらず。
ただ履かせているゴム素材の靴下が濡れて乾くと
材質の問題で縮むのでちょっとキツくなって痛かったのではとの事。



うーむ、確かに今は降ってるが前日の散歩の時は
せいぜい湿った土の上を歩いた程度なのだが。
それに小刻みな震えの理由にならない気が(-"-)



ともかく傷自体は穴も塞がってきていてすこぶる順調とのお話。
気持ち緩めに包帯を巻いてもらい帰宅。





帰ってみれば

不調とその後1
元気を取り戻したチビは例によって外へ気晴らしに出ようとする。

だが残念だったな。
外はつめた~い雨だ。



さ、もう家に入るぞ。

不調とその後2
もうじゃねーよ。
既に20分以上ここで粘ってるじゃねーか。

お前も大変だったがこっちも看病疲れしてんだよ。
護衛任務があるんだからここで風邪引くわけにゃいかねーんだ(-"-;



渋るチビのために特別に空き部屋にファンヒーターを置いてやる。

不調とその後3
我慢しろ。
これなら眺めと暖かさを両立できてるだろ?

不調とその後4
そうそう、忘れてるようだがお前一応ケガニャンなんだぞ?
自重しなさい(-"-;
夕方になれば雨も上がるそうだから(-"-)

不調とその後5
知らんわ。
ヨシ◯ミに言え(-"-)



普段健康そのもののチビが初めて見せた不調の様子。
幸い調子を取り戻したがその時浮かんだ最悪の事態。
もうこんな思いはごめんだと憔悴した執事でした(ヽ´ω`)




途中ご心配してくださっている皆様の不安を変にあおる書き方をしてしまい
誠に申し訳ございませんでしたm(_ _)m





前記事に拍手コメを頂いた方へ

お気遣いありがとうございます^^

痛がる素振りでも見せれば笑えないんですが
ただただウザがるだけだったので自分も笑ってしまいましたw

病院側もむしられるのを前提なのでかなり厳重に巻いてるようですw^^;



確かにガニ股ですねw^^;
これは初日の映像ですので違和感もMAXだったのではないでしょうか。
今は多少マシになってますw
人ニャン双方へのお見舞いのお言葉ありがとうございますm(_ _)m

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 4 | 16:50 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やはりというかなんというか

2017,3

前記事の直後の話。

病院から帰宅後すぐに気晴らしに出たチビ。

やはりというかなんというか1
だがやはり靴下包帯が気になる様子。

やはりというかなんというか2
おいやめろ。

外に出たがるからと泣きついてどうにかエリカラを免除してもらったんだぞ。
それともエリカラ+外禁がいいのか?ん?(-"-)



ではここでその嫌がり方を動画でどうぞ。

※1分9秒




予想はしていたがまー嫌がる嫌がる(-"-;

言っとくが万が一にもむしり取ったら即病院行きだからな(-"-#

やはりというかなんというか3
しらじらしい(-"-;



明日また通院予定だがさすがに保つよな?(-"-;
汚れとかは無頓着なくせに包帯は気になるチビでした。




前記事に拍手コメを頂いた皆様へ

ご心配をおかけして申し訳ありません。
チビへのお見舞いのお言葉大変ありがたく思っています。
治るまでは不義理が続くと思いますがなにとぞご容赦下さいm(_ _)m


ワンちゃんネコちゃんはにゃおぐらふぁーさんのところで存じ上げてますよ^^
全員可愛いですね(*´ェ`*)

そうですかお外猫を。
そういう状況だとケンカの声は気が気じゃないでしょう。
お互い大きなケンカなく過ごせればどんなにか(´・ω・`)
そちらの子もどうかケガのなきよう(-人-)



虫はOKでも血はNGですか^^;
内服薬は化膿止めのみで痛み止めはないです。
それでも添え木(?)とテーピング効果か普通に歩いてます。

境い目争いならお互い様とも言えますが
もう3年連続でこの時期コナをかけに踏み込まれた上ガブリじゃ
ちょっと許容範囲外です(-"-#
この先の安全を確保するためやるべきことはやらねばと思っています。



一時期やや食欲が落ちましたが現在は戻ってホッとしました。
免疫力アップのごはん…それは思いつきませんでした。
すぐさま調べて買ってこようと思います。



今回が初ではなくもう3年連続同時期にやられてますので
正直怒りで視野が狭くなってます(-"-#

チビ、というか猫のケガへの平然とした態度はホッとするとともに
大丈夫なのかと不安にもなります。
どうか順調に治ってくれますように(-人-)

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 4 | 17:35 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

外出のリスク

※緊急投稿



2017,3

朝の早い時間すぐそばでケンカの声。

急いで飛び出しチビを呼びまわると
玄関先にひょっこり顔を見せる。

ホッとしたのも束の間。




左後ろ足から出血。
※ボカシをかけてあります。血や傷口に耐性のある方のみクリックして下さい。


あわてて洗浄消毒を行い傷口を確認するがかなり深い。
指という場所のせいもあるが骨も見えるくらい。

何よりちょっとやそっとじゃ痛がらないチビが
消毒薬で悲鳴を上げたほど。

決意5
表情も悲しげ。

すかさずキャリーに詰め込み通院の準備。



だが

決意6
チャックの隙間からなんとか脱出を試みるチビ。

結構ひどいケガなのに元気だなお前(-"-;





さて診察の結果やはり結構深いとのこと。
傷が塞がるまで2週間との見立て。
処置をしてもらい帰宅。
(今回はワクチン時のような余裕もないので撮影はなし)





自室に戻ると

決意7
とたんに生き生き。

決意8
こっちもそう思ってたよ(-"-)



外出猫でエリカラ不可ということで施された処置は
決意9
こんな感じ。

嫌がって噛みちぎられないかが不安だが(-"-;



さ、場所が足なんだししばらくはおとなしくしとけ、な?

決意10
どんだけだよお前(-"-)




今回の相手がどいつかは不明だが
このところのノララッシュでちょっと感覚がマヒして
締め付けが甘くなっていた自覚は確かにある。

自責の念と同時に湧き上がる怒り。
正直加害者がわかったら自分を抑える自信がない。

最低ケガが治るまでは緊張を持って警護に当たるとともに
もう一段階突っ込んだノラ対策を決意した執事でした。




チビの看病および護衛に専念するため
申し訳ありませんがしばらく不定期更新とさせて頂きます。

皆様のブログへのご訪問、コメントも滞ると思いますが
なにとぞご容赦下さいm(_ _)m

諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 5 | 18:19 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT