fc2ブログ

チビ(仮)の外猫生活 たまに八千代に

狩りをこよなく愛する元ノラの外出自由猫 チビ(仮) と 新たに加わった三毛猫八千代 の日常記録

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

オートロック化

2013,7

不審者の侵入を許しては一刻の猶予もなりません。

次の日にはマグネットキー式キャットドアを購入しましたが、これが大失敗。
首輪に付けたマグネットがステンレス製水皿に早速くっつき大惨事。

室内猫なら食器を替えれば済むことでも
外猫ではこの調子では何をくっつけてくるかわかったものではありません。

未使用のドアを即返品して、さてどうしたものかとネットで探してみると
センサーキー式キャットドアなるものを発見。

これなら磁石ではないので首につけても問題なし。

が、お値段がマグネット式の倍以上…
さらにドアを取り付ける板や工具も購入したので、数万円の出費に(´;ω;`)

かなり痛かったですが、チビの安全には代えられない。

材料一式をそろえ、作業場床下に這いずり込んで工事となりましたが、折しも季節は夏。

慣れないDIYと蒸し暑さに、完成した頃にはヘロヘロになりました。

だがともかくこれでチビの安全は守られた。来るなら来てみろ不審者め。

オートロックドア1
筒抜けだった床下は板とセンサードアでチビ専用の出入り口に。
地面にはブロックを埋め込み、板の腐食防止と共に万が一にも掘っての侵入を防止。
板の隙間は詰め物で完全ブロック。

オートロックドア2
L字型に囲った板はツーバイフォー工法で強度を確保。




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 猫のためのDIY | 20:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |