FC2ブログ

チビ(仮)の外猫生活 たまに八千代に

狩りをこよなく愛する元ノラの外出自由猫 チビ(仮) と 新たに加わった三毛猫八千代 の日常記録

2016年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ニャンモック製作

2016,6

エアコン嫌いのチビに夏を快適に過ごしてもらうために
毎年何かしら手を施してきたが
色々なブログを拝見していて今夏の目標が決まる。



『メッシュのニャンモックを作ろう』



御存知の通り夏はほぼ空き部屋で過ごすチビだが
いくら遮光をしても室内自体が熱せられては限度がある。

というわけで西日を避けられる屋外にニャンモック設置を計画。

だが特殊な環境なので一般的なニャンモックにはない注意点にも気を配らねば。



ポイントは

a.エアコンなしでも過ごせる風通し
b.外を眺めながら寝るのが好きなチビにぴったりの場所
c.屋外のため風雨に耐えられる素材
d.風に煽られカンカン鳴らないよう金属部品は最小限に




では順を追って手順の紹介を。
(※一般的なニャンモック製作と被る部分は割愛)

1.材料及び工具

ニャンモック制作1
①両面ハトメ&ハトメパンチ(Ø8mm)
②耐水性ロープ(Ø6mm)
③撥水スプレー
④防風ネット(ナイロン製)

防風ネットは文字通り風を防ぐ農業用のもの。
元々屋外仕様の上ある程度の強度があり今回の素材にはぴったり。

ニャンモック制作2
⑤ネットフェンス(450×600mm2枚、450×900mm1枚)
⑥耐候性結束バンド

屋外対策として結束バンドは耐候性を使用。



2.製作

ネットの裁断等でカスが出るので作業は全て庭で行う。

が、

ニャンモック制作3
部品を広げると早速ジャマが入る。

ニャンモック制作4
カンベンして下さい。
そのご主人様のための居場所作りなんですから(-"-;

チビをなだめすかしてどうにか作業に入る。



できあがった本体部分がこれ。
ニャンモック制作5
強度確保のためネットは2枚重ねにしてハトメを取り付け。
設置段階での想定外の事態に対応できるようハトメは多めにしておく。



3.設置

ニャンモック制作6
ベランダの端(人が踏み込まず適度な樹々で木陰と風景が楽しめる)
にネットフェンスを3面結束バンドで固定。

ニャンモック制作7
ハトメにロープを通し全体を撥水スプレーで仕上げ。

ニャンモック制作8
騒音を避けるためカラビナは使わずロープワークのみで
ネットフェンスに固定して完成。



だいぶ端折ったが作り方自体はシンプルで一般的なニャンモックと大差ない。



さて、これで準備は整った。
一番の難関は”チビがこれを使ってくれるか”という事。

ゆえに出来上がったからと押し付けてご不興を買っては本末転倒。
こういう時は焦らず最高のタイミングを見計らわねば。
ニャンモックデビューを成功させるために虎視眈々の執事でした。



白黒の男の子、カタワレの里親様を募集しています。

カタワレプロフィール用1-min
カタワレプロフィール用5-min
カタワレプロフィール用6-min

プロフィール

・名前:カタワレ(仮名)
・性別:男の子
・住所:千葉県のとある畑周辺
・年齢:推定3~4歳
・毛色:白黒
・去勢手術:済
・血液検査:済
・ワクチン接種:済(種類は忘れてしまったがたぶん3種混合とのこと)
・健康状態:エイズキャリア(ただし発症には至っておらず)
・おさわり:OK
・チャームポイント:片方ズレたハチワレ
・長所:人懐こい、懐けば呼ぶと来る、返事をする、ブラッシング好き
・短所:鳴き声が大きい、少し肥満気味


詳しくはこちらをご覧ください→



諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 猫のためのDIY | 19:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |