FC2ブログ

チビ(仮)の外猫生活 たまに八千代に

狩りをこよなく愛する元ノラの外出自由猫 チビ(仮) と 新たに加わった三毛猫八千代 の日常記録

2020年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2020年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

チビのためのベランダ直通路作り その3

2020,10

仮組みはかなりいい感じだったので

チビのためのベランダ直通路作りその3 2-min
反対側の横板も同様に作って合わせてみる。

これが完成形となるわけだが…



ここで一つ問題が。



実はこの両脇の板、厚みはワンバイ材(厚さ19mm)の予定だった。

が、近隣最大のホムセンで探したがこの長さはツーバイ材(厚さ38mm)しかなかった。
(防腐剤未加工のものはあったがそれは除外)

技術があれば短いワンバイ材を接ぐこともできるかもだが自分には無理。
ということで倍の厚さのこれになったのだが…

これがとにかく重い。

地上ですべて組み上げて持ち上げるのはかなり無理め。



そこで執事、ピーンとひらめく。



”片側は現場で組み上げればいいじゃん!”



チビのためのベランダ直通路作りその3 3-min
ということで分割したまま引っかけその状態でネジ打ちを試みる。





が、これが大失敗。





ネジ打ちを進めるごとになぜか地上で完璧に合ってたはずのネジ穴がだんだんずれていく。
おかしいなと思いつつもさらに進めその原因にはたと気づく。



板の自重でゆがんでる!?(;゚Д゚)



そう、その重さ長さゆえ引っかけた段階で板がしなりネジ穴がずれてしまったのだ。

だがすでに補助固定用の接着剤はつけてしまっている。
今さら中断はできない。
試しに必死に押し上げてゆがみを直そうとするも脚立の上ではとてもじゃないが歯が立たない。

ああ、これがワンバイ材だったらもしかしたら上がったかもしれないものを…
(というかそれなら地上で組み上げ持ち上げてた)





こうなったら仕方ない。

元のネジ穴は無視してとにかく固定を最優先していく。

で、とりあえず完成したのがこちら。

チビのためのベランダ直通路作りその3 4-min
これは上から見た図だが、向かって左の地上で組んだほうに比べ
現場で組んだ右側のなんともお粗末な出来栄えよ(´;ω;`)

ミリ単位で採寸に採寸を重ねた努力がパー。

ここでしょせんDIY歴=チビが来てからの初心者ぶりを露呈してしまった(´;ω;`)



とりあえずチビ分の強度だけは確保できたが
こう隙間が空いてしまってはネジの耐久年数はかなり短くなるだろう。
こりゃ数年後のメンテ必須だな(-"-;



せっかくここまで90点オーバー(自己採点)で来たのに一気に60点台に落ちてしまった感。

気力も萎えこの日はここまでの作業でとぼとぼ引き上げた執事でした(´;ω;`)





おまけ



作業を野次猫しにくるチビ。

チビのためのベランダ直通路作りその3 1-min
んー?それはもうしばらく後のお楽しみなー(*´ェ`*)



白黒の男の子、カタワレの里親様を募集しています。

カタワレプロフィール用1-min
カタワレプロフィール用5-min
カタワレプロフィール用6-min

プロフィール

・名前:カタワレ(仮名)
・性別:男の子
・住所:千葉県のとある畑周辺
・年齢:推定3~4歳
・毛色:白黒
・去勢手術:済
・血液検査:済
・ワクチン接種:済(種類は忘れてしまったがたぶん3種混合とのこと)
・健康状態:エイズキャリア(ただし発症には至っておらず)
・おさわり:OK
・チャームポイント:片方ズレたハチワレ
・長所:人懐こい、懐けば呼ぶと来る、返事をする、ブラッシング好き
・短所:鳴き声が大きい、少し肥満気味


詳しくはこちらをご覧ください→



諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 猫のためのDIY | 21:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |