fc2ブログ

チビ(仮)の外猫生活 たまに八千代に

狩りをこよなく愛する元ノラの外出自由猫 チビ(仮) と 新たに加わった三毛猫八千代 の日常記録

2022年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2022年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どっちが勝つ?

2022,5

外出禁止&住み分け&モッキーという強烈キャラ登場でめっきり出番が少なくなったヤチ。



だが決しておとなしくしてるわけではない(運動量の意味ではない)

どっちが勝つ?1-min
こうしてスキあらばおやつを搾り取ろうと出待ち入り待ちをしてるのだ。



ところで以前ヤチは体重計を見せると逃げるという記事を書いた。

ではおやつと同時ならどうか?

ということで

どっちが勝つ?2-min
こんな実験をしてみる。



さて結果は…?

(19秒 音声あり)


うんまあそんな気はしてたw

ちなみに鳴きながら降りたのは姉に訴えるため。
いやいやそもそもおやつを制限してるのは姉主導だから(´・ω・`)




追いかけて行ってみると

どっちが勝つ?3-min
居間には非難がましいヤチ。

だーかーらー、言ってんじゃん。
まず測って減ってたらご褒美的にだな…

どっちが勝つ?4-min
否定はできない。



スパルタ式だが確固たる信頼関係ができあがってる姉と違って嫌われるのは避けたい。
どうもついつい甘くなってしまう執事でした(´・ω・`)






前記事に拍手鍵コメをくださった方へ

いえいえご心配は当然でしょう。
いろいろなところにお心を砕くその姿勢に頭が下がりますm(_ _)m




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 八千代 | 21:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

休みは半休

2022,5

時系列的には前記事の続き。



いろんな猫と戯れ帰宅した美術館帰り。



が、部屋に入ると

休みは半休1-min
いきなりチビに咎められる。



いやーちょっと私用で…

休みは半休2-min
ね?やましいことはなーんもありませんよ?^^;

休みは半休3-min
ホッ…帰宅即念入りに石鹸で洗っといてよかったε-(´∀`;)

休みは半休4-min
えーすぐですかー?(´・ω・`)

休みは半休5-min
せめて一息つくくらいは…





休みは半休6-min
そこにモッキー登場。

休みは半休7-min
途端に真顔になるチビ。

休みは半休8-min
素知らぬフリでごろ寝するモッキー。

休みは半休9-min
チビは数歩距離を取り渋い顔。



10分ほどそうしてたろうか。

休みは半休10-min
そのうちモッキーはフェンスを越えどこかに。

休みは半休11-min
はあ…お気持ちはお察ししますがこの程度なら護衛なしでもゴニョゴニョ…



半日しか休暇をいただけなかった執事でした(´;ω;`)






前記事に拍手鍵コメをくださった方へ

お気持ちお察しいたします。

が、生まれた子は里親様を見つけたりで頭数のコントロールはできているようです。
(開設20年を超えてるようですが猫の数はほぼ横ばいですし)

保護活動をされてるお立場上たぶん多頭飼育崩壊を懸念されているのだと思いますが、
こちらは画家・彫刻家のオーナーが所持している庭園を美術館として開放しているので
運営面からそうなる心配はほぼないかと。
どうかご安心くださいm(_ _)m




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 1 | 21:00 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美術館に行く ’22春 最終章

2022,5

前記事の続き



さて再度本館サロンに戻る。





美術館に行く ’22春 第5章1-min

(゚Д゚;)!?

美術館に行く ’22春 第5章2-min

(゚Д゚;)!?!??



てっきり1ニャンかと思ってたが、ミーちゃん…3ニャンの母だったのか(-"-;

美術館に行く ’22春 第5章3-min
そしてさすが同年代、小健ちゃんとも遊び仲間。



と、そのうち

美術館に行く ’22春 第5章4-min
ミーちゃん登場。

子猫たちは一斉にお母さんへ殺到。

美術館に行く ’22春 第5章5-min
が、嬉しさに跳ね回る子猫の収拾がつかず脱走防止柵が開けられない。



そうこうしてるうちに

美術館に行く ’22春 第5章6-min
無理やり隙間からお母さんのもとへ行こうとする。

これは危ない。

ということで

美術館に行く ’22春 第5章7-min
スタッフさんが回収し

美術館に行く ’22春 第5章8-min
その隙にミーちゃんを招き入れる。

大変そうだな(-"-;

美術館に行く ’22春 第5章9-min
…そっかー、もうすっかり母親なんだな(´・ω・`)





美術館に行く ’22春 第5章10-min
エネルギーを持て余した小健ちゃんが足元に。

ん、わかったわかった、じゃ今度はボールでなw(*´ェ`*)

美術館に行く ’22春 第5章11-min
それ~♪(*´ェ`*)

美術館に行く ’22春 第5章12-min
それそれ~♪(*´ェ`*)

美術館に行く ’22春 第5章13-min
いやそれスリッパ…(-"-;



どうでしょうこの可愛さ(*´ェ`*)

もし里親様をご希望の方がいらっしゃいましたらぜひ当美術館にご連絡をm(_ _)m
(勝手に告知)



じゃ、最後に渾身のかわいいお顔を載せとこうな(*´ェ`*)

美術館に行く ’22春 第5章14-min





ふ~っ…いや~満喫したした(*´ェ`*)

あ、ミーちゃん、それじゃそろそろ…

美術館に行く ’22春 第5章15-min
うんうん、またな(*´ェ`*)

美術館に行く ’22春 第5章16-min
いえそんなどうぞお構いなくm(_ _;)m

美術館に行く ’22春 第5章17-min
いえいえそんなミーさん、ご丁寧にまあまあ^^;
それに子猫と触れ合うのはむしろご褒美でしたし(*´ェ`*)
はい、またぜひお伺いいたします、では…



いろいろ感慨深い訪問だった。
ミーちゃんの子育てと小健ちゃんのいいご縁に思いを馳せ美術館を後にする執事でした。





おまけ



帰る前にもう一度だけ庭園の隅々まで猫探し。



すると

美術館に行く ’22春 第5章18-min
端っこの一段下がったところで智尾ちゃん発見。
どうやら邪魔の入らないところで寝ようという魂胆らしいのでしばらく観察。



美術館に行く ’22春 第5章19-min
こちらの視線に気付く。

あ、もう帰りますんでどうぞお気になさらず^^

美術館に行く ’22春 第5章20-min
そりゃもうこっちはチビやモッキーで慣れてますんでw



坂を下って帰る時あらためて見上げると

美術館に行く ’22春 第5章21-min
さっきのがこの棚になったとこ。

なるほど、上からは降りられず下からは見えない。
いい寝場所見つけたなあ。






前記事に拍手鍵コメをくださった方へ

ここを教えていただいたのは結構最近なんですが、もっと前から行きたかったです(*´ェ`*)

あー親戚の子、わかりますw
が、単に大きくなっただけじゃなく結婚出産までとなるとなんかちょっとショックも入り混じった感じです(-"-;




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| お出かけ先の猫 | 21:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美術館に行く ’22春 第4章

2022,5

前記事の続き



小健ちゃんとの戯れも一段落した時

美術館に行く ’22春 第4章1-min
現れる真っ白。

え!?この子はもしや…?

美術館に行く ’22春 第4章0-min

2代目ミーちゃん!?(゚Д゚;)



スタッフさんに確認したところビンゴ。
あの幼かったミーちゃんがこんなに大きく…(´;ω;`)ウウッ

と感動してるところにスタッフさんの口からさらなる驚愕の事実が。



「この子もう母親なんですよ」





!?!!?Σ(゚Д゚;)



なんてことだ…

1年会わないうちにとんでもない変化だ(-"-;



や、やあミーちゃん久しぶり、大きくなったねー…^^;

美術館に行く ’22春 第4章2-min
いやこれはむしろミーさん。
オッドアイもはっきりしたし…なんというかもう思考が追いつかない(-"-;

美術館に行く ’22春 第4章3-min
あーすいませんお忙しいところお引止めして…
さ、それじゃそこをお開けしましょう。



とここで愕然とする。

美術館に行く ’22春 第4章4-min
チビ以上の肉の薄さに。

食うに困らない美術館暮らしでこれ、病的なものではないのだろうが…
こんな細い身体で子育てしてるのか。



この場はそのまま見送ったのだが、しばらくして外に出ると

美術館に行く ’22春 第4章5-min
部屋の中で授乳するミーちゃんが!!

美術館に行く ’22春 第4章6-min
子猫もそっくりだなあ(*´ェ`*)

美術館に行く ’22春 第4章7-min
ミーちゃん、すっかり母親の顔だなあ…

美術館に行く ’22春 第4章8-min
と、ここでふと前記事のmiyaさんの絵が重なる。

もちろん狙ったわけでもないだろうが、偶然の符合になんとも不思議な気持ちになった。



続く




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| お出かけ先の猫 | 21:00 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美術館に行く ’22春 第3章

2022,5

前記事の続き



小健ちゃんもどこかに行ってしまったので執事も作品観覧に。





美術館に行く ’22春 第3章1-min
今年も招待状をいただいた「スコとの好日今はキジ白」のmiyaさんの作品が。

一瞬愛猫のたびちゃんかと思ったがたびちゃんは男の子。
今回のモデルはブロ友さんとこの猫ちゃんらしい。
子を愛する母猫のぬくもりが感じられる作品だ(*´ェ`*)



さて一通り見終わりサロンに戻ると

美術館に行く ’22春 第3章2-min
いつの間にかウーちゃんが。

おー久しぶりー、元気そうで何より(*´ェ`*)





美術館に行く ’22春 第3章3-min
ウーちゃんももうなかなかのシニア。
若いころのようにバリバリ接客をするという感じではないのだろう。

うん、寝てるのを邪魔するのもなんだし、そっとしとこう。

美術館に行く ’22春 第3章4-min
でもちょっとだけ触らせてね(*´ェ`*)



と、なにやらどこかでネズミのような気配が。

音を辿ってのぞき込むと

美術館に行く ’22春 第3章5-min
家具の裏で小健ちゃんがコードをかじっていた。
(ちなみにこのコードはコンセントから抜いてあるやつなのでご心配なく)

美術館に行く ’22春 第3章6-min
前記事でも言ったがこの小健ちゃん、とにかくパワフル。

美術館に行く ’22春 第3章7-min
一時もじっとしておらずサロンどころかバックヤードまで走り回る。
まあ子猫だしな…



どれ、じゃあおいちゃんが遊んであげよう(*´ェ`*)

というわけでここからしばらく小健ちゃんとの戯れをご覧ください。

美術館に行く ’22春 第3章8-min

美術館に行く ’22春 第3章9-min

美術館に行く ’22春 第3章10-min

美術館に行く ’22春 第3章11-min

美術館に行く ’22春 第3章12-min

美術館に行く ’22春 第3章13-min

美術館に行く ’22春 第3章14-min

美術館に行く ’22春 第3章15-min



ふ~っ…

いやー何度やっても子猫との遊びは時間を忘れるなぁ(*´Д`)



美術館に行く ’22春 第3章16-min
うん、まあおとニャの同族だとひっきりなしに絡まれるしその気持ちはお察しします^^;



続く




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| お出かけ先の猫 | 21:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美術館に行く ’22春 第2章

2022,5

前記事の続き



さていつものごとく入館までにだいぶかかったな。

と、門をくぐると

美術館に行く ’22春 第2章1-min
相変わらず見事な庭園。
苔と新緑に心が洗われる(*´ェ`*)





美術館に行く ’22春 第2章2-min
横を見れば神々しささえ感じる黒猫様が。



これはレアキャラ智尾ちゃん。
奇しくもうちのサバ白と同じ発音の子だ。

いきなり出会えるとはついている、ちょっと声をかけてみよう(*´ェ`*)


智尾ちゃ~ん、智尾ちゃ~ん…チビ!!


…あ、いかん、ついいつものクセで(-"-;



が、それが功を奏したのかは知らないが

美術館に行く ’22春 第2章3-min
こっちに来てくれる(*´ェ`*)



しかし喜んだのも束の間

美術館に行く ’22春 第2章4-min
足元をすり抜け受付に。



いや同じ名前のよしみじゃん、せめてひと撫でだけでも…(´;ω;`)

美術館に行く ’22春 第2章5-min
うんうんありがとうありがとう(*´ェ`*)



が、ここで執事は初めて気付く。

美術館に行く ’22春 第2章6-min
健ちゃんの爪痕が手の甲まで及んでいたことに。
どうりで消毒が染みたわけだ(´;ω;`)





ここからはいつものように猫を探しつつ経路に従い作品を観覧。

そして本館に入った時それは現れた。

美術館に行く ’22春 第2章7-min

なんだこのかわいい毛玉は!Σ(゚Д゚;)



聞けばこの子は小健(こけん)ちゃん(仮)。

3兄弟のうち2ニャンは里親様が決まったがこの子だけまだ未定。
健ちゃんそっくりの柄なので里親様が決まるまでは仮の名で…ということらしい。

美術館に行く ’22春 第2章8-min
だがこの小健ちゃん

美術館に行く ’22春 第2章9-min
とにかくじっとしていない。

美術館に行く ’22春 第2章10-min
子猫らしい活発さで

美術館に行く ’22春 第2章11-min
縦横無尽に暴れまくる。

美術館に行く ’22春 第2章12-min
うーん厳しい(-"-;



新カメラはマイクロフォーサーズ、光量のない環境はちょっと苦手。

さらに現在つけているレンズはチビの散歩に照準を合わせた便利ズーム。
必然明るさを犠牲にしてるのでISOを限界にしても暗めの室内での速い動きは難しすぎる。

小健ちゃんは執事をレンズ沼に引きずり込む小悪魔だとでもいうのだろうか(´;ω;`)





美術館に行く ’22春 第2章13-min
ようやく一息入れてくれるようだ。

美術館に行く ’22春 第2章14-min
んー?おいちゃんはな、おいちゃんだよ~(*´ェ`*)

美術館に行く ’22春 第2章15-min
あれ?もう行っちゃうの?(´・ω・`)



子猫のパワーに圧倒されつつ

続く




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| お出かけ先の猫 | 21:00 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

美術館に行く ’22春 第1章

2022,5

今年もねこ展の季節が訪れた。



が、開催から週末のたび雨ばかり。
そうこうしてるうちに混雑しそうなGW突入。

結局例年よりおよそ1ヶ月遅れの訪問。

美術館に行く ’22春 第1章1-min
うーむ、やはりこころなしかいつもより緑が濃い気がする。



ちなみに今回姉は諸事情で不参加。
ということで一人でいつものように駐車場での出会いを期待してウロウロ。



が、今日は誰とも会えず無為の20分を過ごす(´;ω;`)

やがて開館まで10分を切った時

美術館に行く ’22春 第1章2-min
ニャーニャー言いながら健ちゃん登場。
おっ久しぶり~(*´ェ`*)

美術館に行く ’22春 第1章3-min
なんだもー大歓迎だなw
じゃお言葉に甘えて…

美術館に行く ’22春 第1章4-min
そーかそーかw
んーまだちょっと猫風邪残ってんのか涙目だな。

美術館に行く ’22春 第1章5-min
でもすんごい甘えてくれるな~(*´ェ`*)



この様子をちょっとだけ動画でどうぞ。

※23秒 音声あり




いやーここまでされると猫好き冥利につきる(*´ェ`*)

美術館に行く ’22春 第1章6-min
とかやってるうちに既に開館時刻を過ぎていた。

あーいかんいかん、じゃ、そろそろ中に…

美術館に行く ’22春 第1章7-min
いや健ちゃんここんちの子なんだし一緒に入ればいいじゃん(´・ω・`)

…しょーがないなー、じゃもうちよっとだけ。



こんなにされればついもう少しもう少しとなるのが猫好きのサガ。

美術館に行く ’22春 第1章8-min
が、テンションの上がった健ちゃんはだんだん動きが怪しくなっていく。

お、おいもうちょい手加減を…

美術館に行く ’22春 第1章9-min
あだだだだっ!!Σ(||゚Д゚)

美術館に行く ’22春 第1章10-min
とっさに手を引っ込めたが時既に遅し。

おい~、健ちゃ~ん…(´;ω;`)

美術館に行く ’22春 第1章11-min
(´;ω;`)



入館前から流血沙汰。
これ大丈夫か?

ズキズキする手を気にしながら受付へ歩く。



続く




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| お出かけ先の猫 | 21:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モッキーはやはりモッキー

2022,5

ある日の日没間際。

外からチビが慌てて帰ってくる。

モッキーはやはりモッキー1-min
そして外を気にする。

これは…もしや…(-"-;



カメラを携えそっと外階段を覗き見ると

モッキーはやはりモッキー2-min
やはりモッキー。

察するにばったり出会ったチビを付け回した挙句残り香を堪能してたのだろう。



おいコラそこはダメだと何度言ったらわかるんだ(# ゚Д゚)

モッキーはやはりモッキー3-min
ここは何度も追い払われてる場所。
目をそらすということはモッキー自身もいけないこととわかってるんだろう。



ダメダメ!
いい加減にしないとこうだぞ、シッシッ!

モッキーはやはりモッキー4-min
そうそうそれでいい。

モッキーはやはりモッキー5-min
ケチとかそういう問題じゃない。
チビの出入りを妨げる行動はするなってんだよ(# ゚Д゚)



と、ここで背後からの視線。

振り向くと

モッキーはやはりモッキー6-min
こうなってた。



発情期は終わったがスキあらばコナをかけに来るのがモッキースタイル。
相変わらず気が抜けないチビと執事でした(ヽ´ω`)-3





ちょっと長めのおまけ



その晩。

またもやベランダでニャゴロン声。

監視カメラで確認するとやはりモッキー。
そしてそのまま出窓側の屋根の上へ。

こいつめ…ちょっとビビらせてやるか(-"-;

とベランダに出てシッシッと手で払うふり。
(もちろん逃走経路は残すよう片側に寄って)



が、あろうことかモッキーは屋根の向こう側へ逃げる。

しかも夜露で濡れた瓦で滑って一度後ろ足を踏み外しかけるΣ(||゚Д゚)ヒィィ



これはとても追えない。

ということでそっと退散。





しばらく後、監視カメラの録画を見返すと

モッキーはやはりモッキー7-min
ホッ…無事帰ったかε-(´∀`*)

てかもうヤチにも匹敵するドン臭さで屋根に行かないでほしい(ヽ´ω`)-3




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| モッキー | 21:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しょせん本気じゃない

2022,5

ここ一ヶ月ちょい、とにかく雨が多かった。

しょせん本気じゃない1-min
おかげで発散できないチビの相手が大変。
…ホントに遊ぶ?(-"-;

しょせん本気じゃない2-min
そこまで言うなら相手してやらんでもないが。

しょせん本気じゃない3-min
なんで横から飛び出す。

しょせん本気じゃない4-min
はいはい。

しょせん本気じゃない5-min
じゃ、こんなんでw

しょせん本気じゃない6-min
ウェーイww

しょせん本気じゃない7-min
ww

しょせん本気じゃない8-min
いや誰も前に垂らすとは言ってませんしーw

しょせん本気じゃない9-min
なんだまたおかわりか、しょーがないなーw

しょせん本気じゃない10-min
いやいやそっちが誘ったんだしw

しょせん本気じゃない11-min
ww

しょせん本気じゃない12-min
よーしじゃあこういうのはどうだ?

しょせん本気じゃない13-min
あ゛っ!

しょせん本気じゃない14-min
いくら枯れ枝だからって一発破壊とはな。
ほれ、じゃそっちの長い方取らせてくr…

しょせん本気じゃない15-min
あだっ!!

しょせん本気じゃない16-min
そーですか、そりゃよござんした(-"-)



まあ燃え方もそこそこだがそのぶん爪も出さず流血なし。
一応手加減はわきまえてるチビでした。





おまけ



常習犯1-min
ある日の作業場。

やはり常習犯か(# ゚Д゚)




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 1 | 21:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

案外肝が据わってる

2022,5

毎度おなじみ散歩の付き添い。

案外肝が据わってる1-min







先行した執事の前の草むらから弾かれたように飛び出す物体。

びっくりしてズームで見れば

案外肝が据わってる2-min
モドッキー。



しばらくお見合いしていたが

案外肝が据わってる3-min
そのうち諦めたように

案外肝が据わってる4-min
立ち去る。



というタイミングで

案外肝が据わってる5-min
チビが追いついてくる。

あーいやいやなんでもないから^^;





案外肝が据わってる6-min
モドッキーがいたところに来るとニオイを嗅いで

案外肝が据わってる7-min
急に緊張し急ぎ足に。



が、向かったのは

案外肝が据わってる8-min
あらぬ方向。

もしかしてモドッキーはこっちから来た…?

案外肝が据わってる9-min
結局そのまま草むらに消えていく。



…まあモドッキーとは別の方角だし大丈夫だろう(-"-;



それにしても先日悲鳴を上げて逃げ出した割にはまたこの辺をうろつくとは。

ヨワヨワだが案外肝は据わってるのかなと思う執事でした(´・ω・`)





おまけ



と、チビがどっか行ったので帰ろうと畑の端まで来ると

案外肝が据わってる10-min
寝るキジトラ発見。
まさかモドッキーか!?Σ(゚Д゚)

案外肝が据わってる11-min
あ、この鈍さはモッキーですわ(-"-;







前記事に拍手鍵コメをくださった方へ

猫って絶対自分がかわいいことわかって行動しますよね(-"-;
でも、そう、猫好きにはそれが最大の武器になるのも確か。
こんなもっさり顔のモッキーでもその手を使うようです(-"-;

モッキーは猫でもギリギリアウトなので人間だったら即逮捕でしょう。




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| ご近所猫 | 21:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT