fc2ブログ

チビ(仮)の外猫生活 たまに八千代に

狩りをこよなく愛する元ノラの外出自由猫 チビ(仮) と 新たに加わった三毛猫八千代 の日常記録

2023年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2024年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ゾッとする話

2023,11

朝食と身支度を終え部屋に戻ると、寝ていたチビがふいに顔を上げ降りてくる。



ん?なんだ?
甘えかおやつかそれともお出かけか?



と思ったのだが

ゾッとする話1-min
チビはそのままベッドの脇へ。

ゾッとする話2-min
そして一点を凝視したまま動かない。



この行動には覚えがある。

獲物の気配を感じた時だ。





と、ふとある考えが浮かぶ。



今までは運良くチビがお持ち帰りをした時執事が在室していた。

が、考えたらそうとばかりも言えないんじゃないか?

例えば先ほどの不在中、チビが早業でお持ち帰って
放牧することだってあり得る話なのでは…Σ(゚д゚||)



そんな想像に背中に冷たい汗が流れた直後

ゾッとする話3-min
チビが踵を返し寝床に戻る。



ε-(´∀`*)



だが

ゾッとする話4-min
その後もチビは

ゾッとする話5-min
休みながらも視線だけは先程の場所から離さないΣ(゚д゚||)



おい…やめろよ…そんなんじゃないよな?



・・

・・・

ゾッとする話6-min
ホ〜ッ…ε-(´∀`*)



なんだろう、単に先日の記憶の残滓だったのだろうか。



だが今回思い至った事態も充分あり得る話。

怖すぎる想像に背筋が寒くなった執事でした(´;ω;`)




諸事情によりしばらくコメントのお返事・皆様のブログへの訪問が
滞りがちになりますがご容赦ください。



ランキングに参加しています
クリックしていただけると大変励みになりますm(_ _)m

にほんブログ村 猫ブログ 外猫へ

| 野生度 3 | 21:00 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |